うにせん

うにせんを見るときは部屋を明るくして離れて見よう   糞樽との約束だよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サムデイインザヒル~いかにして俺がヤビツ峠を登るに至ったか~

先日大乱闘スマッシュブラザーズが発売されましたんでね。ちょこちょこやってますよ。むらびととゼロサムとゲームウォッチ使ってますからね。俺一回も負けたことないですからね。スマブラで。マジで一回も。試合に負けたことはちょいちょいあるかもですけど、気持ちの面では負けなければ負けないですから。大抵「寝るから落ちる」とか言い訳して逃げますからね。相手が。

俺の勝ちですそうなれば。実質。

来月にはモンスターハンター略してモンターハンターが出ますしね。またキャンプで延々ギィギィ鳴くテオ死ぬまで殴れるかと思うとわくわくします。すんません!ニンテンさん!手が滑ってクエスト選んじゃったんです!すんません!
そんなもんで俺テオとシャガル素材だけは売るほどあります。マジで。


自転車の話。

いやホントくっだらない話なんすけどね。
何で自転車に乗ってるのかっていうその人の原動力ってあると思うんです。
ある人は「早くなりたいから」またある人は「俺より強いやつに会いにいく」つってね。俗に勝負馬鹿っていうんですけど。そういう人種。
その人その人の根底にある気持ちからくる行動原理ってのは強いけど、意外と何かがあるとあっさり変わったりすんだよね。いや俺の経験則だからね。あくまでも。
ほんでそれがこっからの話の前提。

俺が運動する理由は「おいしくご飯が食べたいから」
コレ。
大事なことなんすよ。何食っても食えるものなら美味いっていうバカ舌ですけどね。んでもやっぱ運動したあとのメシが一番美味いんすよ。なまじそれが人間が生きるために必要な食と結びついてるもんだから、なかなか変わんないんだよね。
変える必要もないっちゃないんだけどさ。
んでもね。自転車に乗ってからちょっと変わったのよ。もちろん大事な部分にそれが軸としてあるんだけど、どうせやるならちょっと早くなりたいとか。少し欲を出してしまったワケ。

贅肉って重しがあったりするんだけど、いや多分にあるんだけどさ。やっぱちょっとヤビツとか登ってみたいじゃん?みんなが登ってるからさ。ミィハァな気持ちでね。
そしたらぜんっぜん登れないわけ。3回足付いたの。んで俺の頭の中にその日の夕飯のことじゃなくて、「次は足付かないで登りたいな」とか、そういうガラにもない事が浮かんじゃうわけ。ちょっと自分のことながら気持ち悪いわけ。
「あれ?俺ってそれでいいの?」ってでもまあ、それでいいんだと思うんだよね。

みんなはさ、そうやって普通に登ったりして、時にはタイム計測だーつってアタックかけたりするわけじゃん?ギアを一枚落とすかとかここでもう少し踏むのかーとかそういう割かしシビアな判断をしながらやったりする人もいるじゃん。

俺はさ、足を付くか付かないかのレベルなんだよね。もうギアもインナーローいっぱいいっぱいでさ、斜度3%くらいになると一枚上げて、で5%超えるとまたすぐインナーローに戻すみたいなレベルの低い事をやっててさ、そんでもゼェゼェいいながら登るわけ。別に登ったって女子高生とセックスできるわけでもないじゃん?白いご飯と玉子と醤油がまってるわけでもないじゃん?きつかったら足つけばいいじゃん?女子高生とセックスできるわけでもないんだからさ。
そんでもなんでだか、別にそんなの自転車乗ってる人からしたら「うわーレベル低いんだなーこの人。」みたいな話なんだけど、今日足を付かずに登ったら嬉しいんじゃないかと思って、足を付かないで登ったら少し嬉しかったの。

そんだけの話。





あ、もしも10本足付かずに登ったら女子高生とセックスできるなら俺は死ぬ気で登りますよ
スポンサーサイト
  1. 2014/09/21(日) 22:24:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<女児向けゲームの話 | ホーム | よそ様の家の庭は綺麗に見えるが、自分の家の庭も自慢したいという気持ちと相反してそれを言語化しにくい奥ゆかしい日本人的気質、風潮を数値化によってアピールする機会を得るという事。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hawaiian6.blog36.fc2.com/tb.php/263-3e58d3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。